お家にいながら藝大出身講師の質の高いレッスンを


オンライン絵画教室がスタート。LINEを利用した添削・指導が受けられます。対面でレッスンを受けるのが心配な方、カルチャー教室の雰囲気に気後れしてしまう方など、習い事の第一歩としてご活用ください。

講師プロフィール:NARAMIX

 

有効期間 コース 料金

30日間

※1

LINE添削指導 6,000円(税込6,600円)
75分

ビデオ通話の個人レッスン

(スカイプ・Zoom・ライン通話対応)

8月末までの限定実施

6,000円(税込6,600円)

15分程度

※2

ビデオ通話のレッスン相談
(テスト通話)

無料
ー 

添削指導以外の絵画に関するご質問

※3

無料

※1メールクレジット決済完了日がレッスン初日となります。20時以降にお支払い頂いた場合は翌日に繰り下げ。

※2通話が正しくできるかの通話テスト兼、レッスン内容についての相談を承ります。

※3アカウントは音楽教室講師DAICHIと共同で管理しております。


Q,まったくの初心者なのですがオンラインでちゃんと上手くなる?

 

初めての技法は、PDFや動画などで手順がわかるテキストをお送りしています。購入の必要がある画材は講師が見立て、又、ご自宅にある画材で出来る技法を提案することもできます。書き途中に画像を送って頂くと、講師が必要に応じてドローイングアプリでの加筆修正・指導を行うので、目標が立てやすく進めなくなる心配がありません。

 

Q,途中で挫折しそう。教室に通っていないからちゃんとやりきれるか不安‥‥

 

そんな方にはビデオ通話の個人レッスンがオススメ。講師がビデオ越しに手元を見せて、遠隔ではありますが手取り足取りお教えします。教室に通っているような雰囲気でお話できるのもこのレッスンならではです。

 

ライン添削指導(30日間)

添削メインとした指導を行います。通学レッスン時のような直接指導ができない分、チャットと添削という形で課題を進めていきます。チャットでのアドバイスは24時間以内に返信し、なるべく早急に問題が解決できるよう対応します。また、対人恐怖・社交不安などの理由で対面での指導が苦手な方にもおすすめできるコースです。

1:
下記のお申し込みフォームにご記入ください。


2:教室のLINE公式アカウントを友だち追加します。トーク画面にてお名前とご希望内容をお送りください。


3:簡単なヒアリングの後、ご自宅でも準備できる課題を生徒さんのレベルや持ち合わせの画材に合わせて提案します。別途画材が必要な場合こちらでお調べいたします。※1

 

4:受講料のお支払いを完了させます。完了後からライン指導が30日間有効になります。(お支払い方法は下記申し込みフォーム近くに記載

 

5:制作中アドバイスが必要な時、途中経過の写真をラインでお送りください。24時間以内に講師がチャットで返信し、その後頂いた写真を元に詳しい指導解説を作成します。


6:また、添削のほかアートに関する豆知識をまとめたオマケコラム「ネタまめ」が1~2回届きます。

※1ご希望の課題がある場合や、月を跨いだ長期制作の指導も対応可能です。

PDFにて別途テキストをお送りする場合がございます。受け取り形式にご希望がありましたらご相談ください。

友だち追加

<コラムサンプル>

【2020年8月末までの限定実施】ビデオ通話の個人レッスン(75分)

 ビデオ越しに講師の描くお手本を見ながら描くも良し、美術談議に花を咲かせるも良し。完全プライベートな1時間15分の個人レッスンです。

1:
LINE公式アカウントから、指導希望日をご相談ください。

 

2:受講料のお支払いを完了させます。(お支払い方法は下記申し込みフォーム近くに記載

 

3:希望時間になりましたら開始10分前に講師からビデオ通話のリンクが送付されます。

 

4:ビデオ通話参加はスマホ、タブレット、PCから可能です。

 

※ビデオ通話の使用アプリはスカイプ・ラインも可能ですが、講師の顔と手元両方映すことができるZoom推奨です!

 

テスト通話・レッスン相談(所要時間15分程度/無料)

ビデオ通話が正しく行えるかの通話テストも兼ねたレッスン相談を承ります。『オンライン上の教室見学』と捉えて頂ければ分かりやすいかもしれません。所要時間は15分程度です。

 

お支払い方法

1:お申し込みフォームから頂いたメールアドレスに、決済用メールリンクをブラウンハウスからお送りします。

 

2:メールから決済を完了してください。(VISA、MasterCard、AMEX)


3:決済完了日がレッスン初日となります。20時以降にお支払い頂いた場合は翌日に繰り下げます。

 

お申し込み

メモ: * は入力必須項目です

アイディアシート「ネタワーク」


月に2回「ネタワーク」と呼ばれるワークシートをPDFでお届け。ご家庭で印刷して書き込み、完成したワークシートを写真に撮ってLINEで送ると講師から300~400文字のコメントがついて戻ってきます。年齢に合わせた内容をお送りします。対象年齢は小・中・高・大人。制作物が言語化されることで、自信がついたり思わぬ自分の利点を見つけられるかもしれません。

 

オリジナルワークで柔軟な思考を身につけよう

デザイン業界のアイディア出しから着想を得たワークシートです。具体的なテーマのもとにアイディア出しをくりかえし、発想力のトレーニングを行います。このワークでは一般的な「上手」(技術の向上)は求めず、発想や工夫、着眼点に重きを置いた評価をします。クリエイティブ職のみならず、あらゆる場面で必要な柔軟な思考「新たな価値を見つける力」を養います。

 

月2回 3,800円(税込4,180円)
受講方法

1:下記のお申し込みフォームにご記入ください。


2:教室のLINE公式アカウントを友だち追加します。トーク画面にてお名前とお子様の学年をお送りください。


3:ネタワークのPDF(A4)をメールアドレスにお送りします。

 

4:ご自宅で印刷してご使用ください。無地の紙にワークに準じて描いても差し支えありません。


5:完成したらLINE公式アカウントに画像を送信してください。アイディアが複数出た場合も全てお送りいただいて大丈夫です。


6:完成したワークにコメントをつけてお返しいたします!(300〜400文字程度)

友だち追加
お支払い方法

1:お申し込みフォームから頂いたメールアドレスに、決済用メールリンクをブラウンハウスからお送りします。

 

2:メールから決済を完了してください。(VISA、MasterCard、AMEX)

 

ネタワークお申し込み

メモ: * は入力必須項目です

絵画の技法定番6選♪


課題は自由、とはいえ何から始めたらいいかわからない…。そんな方に定番6選。記載の価格は最低限必要な画材をすべて1からそろえた場合の参考価格です。迷ったらまずはこの中から興味のある技法をご選択ください!

油絵 <難易度 ★★★☆☆>

美術館でおなじみの油絵は実はそんなに難しくありません。道具の扱い方がわかれば小学3年生からでも始められます。じっくりとマイペースに進めていくので筆が遅いとお悩みの方におすすめです。

 

油絵の具10色
溶き油(テレピン油、速乾ペインティングオイル)と油壺

筆洗い液(ブラシクリーナー)

紙パレット

0〜8号くらいの豚毛の筆8本(丸筆、平筆、平筆の先がまるっこいフィルバード)
F8号のキャンバス

使い古しのタオルとボロ布数枚

ゴミ袋用のビニール袋

机に敷く新聞紙

 

上記が最低限必要な道具で1万円くらい。木製のケース付きで上記一揃いになったセットも大型画材店で販売されています。

 

デッサン <難易度 ★★☆☆☆>

観察する習慣を身につけ構造の理解を深めることは、モノづくりの基礎です。構想を考える時、アイディアをまとめる時、人に絵や図で伝えなければならない時…いろんなタイミングでデッサン力があると何かと便利です。

 

<鉛筆デッサン用具>

鉛筆2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B(青文字は最低限欲しい鉛筆)

6くらいのサイズのスケッチブック(教室の画用紙は無料です)

練り消しゴム
繊細なタッチが好きな人におすすめです。2千円~4千円くらい。

 

<木炭デッサン用具>

木炭紙500×650mm(1枚350円くらい)

ヤナギの軸太木炭と芯抜き

全判ダブルカルトン(画板として使ったり、挟んで持ち運ぶ為に必要です)

カルトンを持ち運ぶバッグ

練り消しゴム

目玉クリップ2コ

スポーク(モチーフの寸法を測る道具)

フィキサチーフ(定着液)

ガーゼ

大胆なタッチが好きな人におすすめです。5千円〜1万円くらい。

 

アクリル画 <難易度 ★★★☆☆>

水性ですが水彩とは違います。多くの製品は耐水性・速乾性が高く、乾いた後の表面はマットで不透明です。近年アクリル樹脂の開発が進み多種多様な絵の具がメーカーから販売されています。多目的に使えて表現の幅がとても広い所が最大の特徴です。

 

アクリルガッシュ12色
紙パレット

筆洗バケツ

ナイロン筆大中小(一般的な水彩用の筆)

使い古しのタオル

 

3千円~8千円くらい。直接木製パネル(B3くらい)に描く、木製パネルにケント紙や画用紙を水張りして描く、キャンバス地に描くなどが一般的です。

 

マット水彩 <難易度 ★☆☆☆☆>

アクリルに似て、透明水彩に非ず。取り扱い方は一般的な水彩絵の具とほぼ同じです。透明水彩より含まれる顔料の量が多く隠ぺい力が高いのが特徴で、油絵のように塗り進められます。豊かな色彩とコッテリとした厚塗りを手軽に体験したい方におすすめです。

 

不透明水彩絵具(ガッシュ)12色

パレット(プラスチック梅皿推奨)

筆洗バケツ

ナイロン筆大中小(一般的な水彩用の筆)

画板

使い古しのタオル

F6くらいのサイズのスケッチブック(教室の画用紙は無料です)

 

5千円~8千円くらい。少し絵具をつけるだけでもはっきり鮮やかに発色し、失敗した時修正しやすいところも魅力。初心者におすすめできる画材の一つです。

 

パステル <難易度 ★★☆☆☆>

粉末の絵具(顔料)を押し固めたチョークのような画材です。色鮮やかで柔らかな質感を表現するのに適していて、指やコットン、ガーゼなどでぼかしたり混色したりすることができます。ハードパステル・ソフトパステル・オイルパステル・パステルペンシルなど種類がたくさんあります。ここではソフトパステルをご紹介します。

 

ソフトパステル24~36色
F6~F8のパステル・木炭用スケッチブック

ガーゼ、コットン、など

練消しゴム、消しゴム

パステルフィキサチーフ(定着液)

 

6千円~8千円くらい。感触は木炭デッサンに共通するところがあり、パステル画は色で描くデッサンとも呼べます。パステルは絵を描くだけでなく、カスタムドールのメイクにも使用されています。

 

木版画 <難易度 ★★★☆☆>

小学校中学年から誰もが体験したことのある木版。彫刻刀を握ったのは学生以来という方がほとんどだと思います。まずはハガキサイズから、年賀状シーズンに向けて作ってみましょう。無心で版木を彫っていくと不思議と心が落ち着きます。水性なので後片付けも楽々。


鉛筆・色鉛筆・ボールペン

トレーシングペーパー

カーボン紙

ハガキサイズ版木(シナベニヤ・朴など)

スクール彫刻刀

バレン(刷る時に使用するディスク状の道具)

水彩用筆やハケ
水彩セット

はがき

新聞紙

 

4千円〜8千円くらい。白黒ばかりの渋いイメージですが、たくさんの色を使った刷り方も可能です。絵を描くのが苦手な方も、木版をやってみたら案外ハマってしまうかも…?ちなみに木版は当講師の専門です。

 

レッスンについてさらに深掘り!


想像を生み出すサイクル「クレブスサイクル オブ クリエイティビティ」

工学・生物学・芸術・建築など様々な分野を跨ぐデザイナー、ネリ・オックスマンが提唱したイノベーションの発生を説明する円環図。創造的なエネルギーを循環させることは経済の発展をもたらすと言われています。アートはアート、デザインはデザイン、科学は…と割り切ってしまわずに、柔軟に各分野を行き来し、また、専門性の不足分は協力して補う事が大切です。遠い分野と感じても無関係とは限りません。授業作成や指導の際は、このように複雑に展開される芸術と社会の結びつきを意識しています。※下の画像は円環図に個人の解釈で日本語補足したものです