幅広い表現方法をカバー 藝大出身講師がおしえます

定員:3~5名 講師プロフィール:NARAMIX


レベルに合わせたカウンセリング指導が特徴の少人数制絵画教室です。

課題は自由、とはいえ何から始めたらいいかわからない…。そんな方に定番6選。記載の価格は最低限必要な画材をすべて1からそろえた場合の参考価格です。迷ったらまずはこの中から興味のある技法をご選択ください。

油絵 <難易度 ★★★☆☆>

美術館でおなじみの油絵は実はそんなに難しくありません。道具の扱い方がわかれば小学3年生からでも始められます。じっくりマイペースに進めたい方におすすめです。

油絵の道具・オススメ画材

油絵の具12色

溶き油(テレピン油速乾ペインティングオイル)と油壺

筆洗い液(ブラシクリーナー

紙パレット

0〜8号くらいの豚毛の筆5〜8本(丸筆、平筆)
F8号のキャンバス

使い古しのタオルとボロ布数枚

ゴミ袋用のビニール袋(臭いが出るのでゴミは密封します)

机に敷く新聞紙
 

上記が最低限必要な道具で1万円くらい。木製のケース付きで上記一揃いになったセットも販売されています。

 

デッサン <難易度 ★★☆☆☆>

観察する習慣を身につけ構造の理解を深めることは、モノづくりの基礎です。構想を考える時、アイディアをまとめる時、人に絵や図で伝えなければならない時…いろんなタイミングでデッサン力があると何かと便利です。

鉛筆デッサンの道具・オススメ画材

鉛筆2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B(色文字は最低限欲しい鉛筆)

F6くらいのサイズのスケッチブック(教室の画用紙は無料です)

練り消しゴム
繊細なタッチが好きな人におすすめです。2千円~4千円くらい。

 

木炭デッサンの道具・オススメ画材

木炭紙500×650mm(1枚350円くらい)

ヤナギの軸太木炭芯抜き

全判ダブルカルトン(画板として使ったり、挟んで持ち運ぶ為に必要です)

カルトンを持ち運ぶバッグ

練り消しゴム

目玉クリップ2コ

スポーク(モチーフの寸法を測る道具)

フィキサチーフ(定着液)

ガーゼ

大胆なタッチが好きな人におすすめです。5千円〜1万円くらい。

 

アクリル画 <難易度 ★★★☆☆>

水性ですが水彩とは違います。多くの製品は耐水性・速乾性が高く、乾いた後の表面はマットで不透明です。近年アクリル樹脂の開発が進み多種多様な絵の具がメーカーから販売されています。多目的に使えて表現の幅がとても広い所が最大の特徴です。

アクリル画の道具・オススメ画材

アクリルガッシュ12色
紙パレット

筆洗バケツ

ナイロン筆大中小一般的な水彩用の筆

使い古しのタオル

 

3千円~8千円くらい。直接木製パネル(B3くらい)に描く、木製パネルにケント紙や画用紙を水張りして描く、キャンバス地に描くなどが一般的です。

 

マット水彩 <難易度 ★☆☆☆☆>

アクリルに似て、透明水彩に非ず。取り扱い方は一般的な水彩絵の具とほぼ同じです。透明水彩より含まれる顔料の量が多く隠ぺい力が高いのが特徴で、油絵のように塗り進められます。豊かな色彩とコッテリとした厚塗りを手軽に体験したい方におすすめです。

マット水彩の道具・オススメ画材

不透明水彩絵具(ガッシュ)12色

パレット(プラスチック梅皿推奨)

筆洗バケツ

ナイロン筆大中小一般的な水彩用の筆

画板

使い古しのタオル

F6くらいのサイズのスケッチブック(教室の画用紙は無料です)

 

5千円~8千円くらい。少し絵具をつけるだけでもはっきり鮮やかに発色し、失敗した時修正しやすいところも魅力。初心者におすすめできる画材の一つです。

 

パステル <難易度 ★★☆☆☆>

粉末の絵具(顔料)を押し固めたチョークのような画材です。色鮮やかで柔らかな質感を表現するのに適していて、指やコットン、ガーゼなどでぼかしたり混色したりすることができます。ハードパステル・ソフトパステル・オイルパステル・パステルペンシルなど種類がたくさんあります。ここではソフトパステルをご紹介します。

パステルの道具・オススメ画材

ソフトパステル24~36色

F6~F8のパステル・木炭用スケッチブック

ガーゼ、コットン、など

練消しゴム消しゴム

パステルフィキサチーフ(定着液)

 

6千円~8千円くらい。感触は木炭デッサンに共通するところがあり、パステル画は色で描くデッサンとも呼べます。パステルは絵を描くだけでなく、カスタムドールのメイクにも使用されています。

 

木版画 <難易度 ★★★☆☆>

小学校中学年から誰もが体験したことのある木版。彫刻刀を握ったのは学生以来という方がほとんどだと思います。まずはハガキサイズから、年賀状シーズンに向けて作ってみましょう。無心で版木を彫っていくと不思議と心が落ち着きます。水性なので後片付けも楽々。

木版画の道具・オススメ画材

鉛筆・色鉛筆・ボールペン

トレーシングペーパー

カーボン紙

ハガキサイズ版木(シナベニヤ・朴など)

スクール彫刻刀

バレン(刷る時に使用するディスク状の道具)

水彩用筆ハケ
水彩セット

はがき(画仙紙推奨)

新聞紙

 

4千円〜8千円くらい。白黒ばかりの渋いイメージですが、たくさんの色を使った刷り方も可能です。絵を描くのが苦手な方も、木版をやってみたら案外ハマってしまうかも…?ちなみに木版は当講師の専門です。

 

屋内ストリートビュー(スワイプで教室内が見渡せます)

小さい教室なので指導がしっかり行き届きます。描くのに疲れてしまったら、本棚の画集を読みながらひとやすみ。

開講日

感染拡大防止のため受講人数を調整させて頂く場合がございます。

 

午前

午後

夜間

 

 

13:30〜16:00

 

 

 

16:00〜18:30

第1・第3

18:30〜21:00
    18:30〜21:00
第1・第3
   

 

 

空白の時間帯は、音楽教室のレッスン予約等が入っていない場合において補講の受け入れが可能です。

 <第1・第3土曜日>

 

10:00〜12:30

(子供教室)

13:30〜16:00

16:00〜18:30

18:30〜21:00

1レッスン2時間(+30分)
受講時間は2時間と後片付け分の30分となります。音楽教室転換の為、時間になりましたらご退室をお願いいたします。

<体験受講・見学>

記載の時間割に体験受講とご見学ができます。
お気軽にお問い合わせください!


料金

入会金

6,000円(税込6,600円)

月2 6,500円(税込7,150円)
月4 12,500円(税込13,750円)
 追加受講  3,500(税込3,850円)

4回分チケット*

15,000(税込16,500円)

*チケットは発行から1年間有効です

お休みされた分は振替可能です。(月単位でのお休みは休会となり、月謝は頂きません)


各回の最大受講人数は5名で、定員になり次第締め切らせていただきます。


お車でお越しの際は、近くのコインパーキングをご利用ください。

 

鉛筆デッサン/児童画の場合は用紙代が無料です。その他の必要な画材は各自でご用意、又は教室でお取り寄せにて購入いただけます。ご相談ください。


初回のみ発生する入会金は、教室内の参考書や教材研究の充実、教材印刷費、通信環境の維持等に充てられます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 


教室内での感染症対策に関して

ブラウンハウスでは感染症拡大防止として下記の対策を行います。


◆マスクの着用

◆入室時のアルコール除菌の徹底

◆室内設備のアルコール消毒

◆常時換気(換気扇常時稼働と窓開け)

 

<ご利用者様へのお願い>

◇体調が優れない場合は無理せずお休みください。別日に変更が可能です。

◇入室時は必ず備え付けのアルコールスプレーをご利用ください。

◇常時換気のため室内の寒暖差が大きい場合がありますので、十分に体温調節のできる服装でお越しください。

 

キッズビギナーズ(推奨学年:小学校3年〜6年の中・高学年)

少し本格的な絵画に挑戦してみたい、普段と違う描き方を学びたい。意欲あるお子様に適したステップアッププランです。

現在感染症防止のため一時的にマンツーマン授業になっております。

 

入会金 6,000円(税込6,600円)
 月2 4,500円(税込4,950円)

1レッスン最大時間半
子供だけの絵画教室とは違う、落ち着いて集中できる空間で
画用紙での平面絵画などが学べます。大人デッサンへのステップアップにおすすめ。


◇服装・基本のもちもの

汚れても問題ない服装かエプロンの着用をお願いいたします。

筆記用具・自由帳・学校でご利用の水彩セットをご持参ください。

(忘れた時の予備は教室に常備されています) 

◇注意事項
・1時間半以上の受講は大人料金となります。

・推奨学年以下の方は受講時間を短縮する場合がございます。あらかじめご了承ください。

・初回のみ発生する入会金は、教室内の参考書や教材研究の充実、教材印刷費、通信環境の維持等に充てられます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。


レッスンについてさらに深掘り!


想像を生み出すサイクル「クレブスサイクル オブ クリエイティビティ」

工学・生物学・芸術・建築など様々な分野を跨ぐデザイナー、ネリ・オックスマンが提唱したイノベーションの発生を説明する円環図。創造的なエネルギーを循環させることは経済の発展をもたらすと言われています。アートはアート、デザインはデザイン、科学は…と割り切ってしまわずに、柔軟に各分野を行き来し、また、専門性の不足分は協力して補う事が大切です。遠い分野と感じても無関係とは限りません。授業作成や指導の際は、このように複雑に展開される芸術と社会の結びつきを意識しています。※下の画像は円環図に個人の解釈で日本語補足したものです